再就職を考えたことはありますか?

医療系の資格には、医療事務の資格や看護師の資格、調剤薬局事務の資格などがあります。 ほかの資格と比べると専門的な側面が強く、勉強に時間がかかるのですぐに取れるわけではありません。しかし就職先は多いので、取っておくと再就職に非常に有利になるでしょう。

事務系の資格とは?

事務系の資格は他と比べて取得しやすいのが特徴です。また、心理カウンセラーやインテリアコーディネーターなど、少し風変わりな資格もあります。勉強しておくと就職だけでなく家庭のことにも役立てることができるのも特徴です。紹介している資格は、一番取りやすい資格を目安にしています。

サービス系の資格にはどんなものがある?

サービス系の資格は他の資格と比べて種類が多岐にわたり、中には特別な資格が存在しない職業もあります。ただしそういう場合でも、専門の学校や参考書などでしっかり知識を身につけないといけないほかに、専用の試験に合格しなければならない仕事もあります。

医療系の資格には何がある?

結婚や出産を経て、社会復帰をする女性が増えてきましたね。また、「もし夫と離婚することになったら…」と考えたことがある人もいるはず。とはいえ、「経験がない」「ブランクが長い」などの理由で、少し尻込みしてしまう方も多いでしょう。

そんな時に心強い味方となってくれるのが資格です。何か一つでも資格を持っていれば、就職先の選択肢は広がります。主婦に限らずとも、就職や転職で資格を持っていれば有利になり、自分の自信にもつながるでしょう。

そこでこのサイトでは、主婦の方が子育てをしながらでも取りやすい資格について業種別にご紹介いたします。「家庭と仕事を両立させたい」方はぜひ見ていってください。
一口に視覚と言ってもいろいろありますが、比較的簡単に取れるもの、独学で取ることができるもの、試験日が多く、すぐに取れるものなどもあります。自分と家族のライフスタイルに合わせて、無理なく取れるような資格を探してみてくださいね。

まずは、医療系の資格についてご紹介いたします。医療系の資格には、医療事務、調剤薬局事務、看護師などがあります。
続いて、事務系の資格についてご紹介いたします。事務系の資格には日商簿記検定資格、ファイナンシャルプランナー、心理カウンセラーなどがあります。
最後に、サービス系の資格についてご紹介いたします。サービス系の資格には、保育士、ベビーシッター、ネイリストなどがあります。

しっかり調べて、ご自分に合いそうなものを探してみてくださいね。